誰もが手軽にコーヒーを楽しめるドリップを紹介します。
でもどうせやるならそれなりにおいしいコーヒーを淹れたいですよね。

まずは我が家でドリップを入れるときに使う道具を紹介します。

三つ穴ドリッパーのカリタです。
多分これが一番日本の家庭に普及しているのではないでしょうか
左側がプラスティック、右側が陶器製です。
素材の違いで味が変わるかどうかはわかりませんが陶器製は
最初ドリッパーを温めなければいけないので私はプラを使ってます。
ペーパーフィルターはもちろんサイズの合ったものを使いましょう。

ドリッパーのサイズは普段自分が飲む分量にあったものを選びます
私はたいてい一人で、多くても二人分あればよいので
1−2人用のものを使用しています。

この二つは割りと安く、両方で500円くらいで買えます。
フィルターの下にセットするサーバーです。
1人分ならコーヒーカップなどに直接という荒業もありますが
雰囲気の問題や適量を的確に落とすのならサーバーは必要です。
これがまた消耗品で我が家ではよく割ります。
値段のほうがドリッパーなどより高く、大体1000円前後です。

とりあえずはじめてみようという方にはカリタドリップセットというセットも販売されています。
ドリッパー、ペーパーフィルター、サーバーの三点セットで1500円前後となります。

ドリップには普通のやかんではなく、水の勢いをコントロールしやすく、
口の細くなったコーヒー用ケトルがお勧めです。

まず何よりその存在自体がかっこいいです。
写真のポットは水の出方を調節するために先端部分をペンチで潰しました。

ステンレス製や銅製のもの、注ぎ口の形状もいろいろあります。
値段は大体3000円から6000円位 です。(楽天調べ)



自宅でおいしいコーヒーを飲めるか否かは豆を挽く道具があるかどうかに
かかっているといっても言い過ぎではありません。
コーヒー豆を挽くと秒刻みで豆の鮮度は失われてしまいます。

豆を挽く道具の代表として昔からの手挽きミルがあります。
多少時間はかかりますが、その時間とミルの存在はかなり新鮮な
コーヒーライフを演出してくれます。
手挽きミルでお勧めするのがドイツのザッセンハウスのミルです。
刃も頑丈で、割と均一に引くことができます。何よりかっこいいです。

いくらおいしいコーヒー豆を手に入れても挽いた状態で数日も置いておくと
あまりおいしいコーヒーを飲むことはできません。
そのコーヒー豆のポテンシャルを引き出すにはミルの存在は必需品です。

あるとうれしい道具

  • 温度計−お湯の温度はコーヒーの味にとても影響するので適温(85℃前後)をこれでは借ります。
  • 浄水器−コーヒーはほとんどが水です。おいしい水で入れたコーヒーはやっぱおいしいです。
  • 時間−道具ではないですが豆から挽いてコーヒーを淹れるには時間のゆとりが必要です。

最後になりましたが一番必要なのはおいしい、新鮮なコーヒー豆です
自分にあったロースト、ブレンドなどを見つけるのも重要ですが
新鮮なコーヒー豆が手に入る珈琲屋を見つけるのももっと重要です。

自家焙煎のお店を紹介している「自家焙煎珈琲店巡り」で探してみてください、。
もしかしたら皆さんの家の近くにあるかもしれません。。。


ちょっと時間もお金もないという方はこんなものもあります。↓
一回使ったことがありますがやっぱり楽です。インスタントコーヒーよりはぜんぜんおいしいです。



コーヒー豆は何度も変化を遂げてコーヒーという飲み物になりますが
その変化を遂げるごとに寿命は短くなります。
変化ごとの大まかな寿命は

  • 生豆状態数年(10年位寝かして味を枯らしたエイジドコーヒーというものもあります。)
  • 焙煎後2〜3週間で香りはほとんど発せられなくなり、ドリップ時に豆も膨らみません。
  • 挽いた豆1時間(空気に触れる面積が増えるので秒刻みで酸化が進み、香りが飛んでいきます。)
  • コーヒー淹れたてが一番おいしい(お店ではヒーターなどで保温しているものもありますがかなり煮詰まってます。)

とまあこんな具合です。もちろん私にとっての寿命です。

コーヒーの基本として
「煎りたて、挽きたて、淹れたて」
という言葉があります。
この三要素をいかに満たすかがカギになります。

そんなわけでコーヒーを飲みたいと思ったらそのつど、コーヒー豆を挽くのが理想です。


手挽きのミルはアームの付け根あたりのネジを調節することによって挽き具合を変えられます。
カリタのドリッパーは大体中挽き挽きます。


金色のドーム上の部分をスライドさせ豆を中にいれ、アームをぐるぐると回します。
ゴリゴリと鈍い音ともにコーヒーの香りが広がります。
挽かれた豆は下の引き出し部分にたまります。

最初はどのくらいが中挽きなのかわからないので、近くのコーヒー屋さんで豆を挽いてもらい、
それをサンプルとして少量どっかにとっておきましょう。


生豆の購入から自家焙煎、グラインドとコーヒー豆は変化をとげ、
最後の液体になる重要な部分です。

彼らにとっては長い旅の終着点ともいえるでしょう。
最後には自分の身を捨て、液体となり人に愛されるのです。




まずお湯を沸かしますが沸騰したお湯をそのまま使うと
コーヒー豆がこげて苦味の多いコーヒーができてしまうので
少し冷ますか、やかんからコーヒー用ケトルに移すことによって温度を下げます。
沸かすお湯の量は一杯を抽出するときでも多めの量を沸かします。


ケトルにお湯を移したらコーヒーカップやサーバーをお湯で温めて起きます。
これはコーヒーが冷めないようにするためです。
さらにケトルの注ぎ口も温まり、抽出温度のムラが少なくなります。
このお湯の量も考えて多めに沸かしましょう。


サーバーのお湯を捨ててドリッパーとフィルターをセットし、
挽いた豆をその中に入れます。
1人前15g前後で水は180cc位です。
こんもりとつもった豆を指でやさしく凹状態にします。
これはフィルターに直接水がかかり、コーヒー豆を通らずに
サーバーに落ちないようにするためです。


凹部分の中心に少しずつお湯をたらし中心部分をムラなく湿らせます。
このとき紙フィルターに直接水がかかってしまわない様に気をつけます。
下からコーヒーがぽつぽつと垂れてきたらいったん注ぐのを止めます。
ここで新鮮な珈琲豆だとお湯を吸い込んでドーム状にに膨らんでいきます。
この状態が「蒸らし」と呼ばれるものです。

だいたい20〜30秒で豆の膨張がとまります。
ゆっくりとドームの中心をめがけお湯を注ぎます。

するとドームの天辺から細かい泡がぶわっとでてきます。
この泡の細かさで焙煎の完成度がわかるとも言われてます。


ドーム状の天井をゆっくり広げるように「の」の字を書くように
お湯を注いでいきます。
この時もお湯はまめに直接当てるようにして、
紙フィルターにはかけないようにしましょう。


ドリッパーいっぱいまで注いだらいったん注ぐのを止めます。
ドームが凹まないうちにまた注ぎます。

豆の量に対した抽出量がとれた時点で上にお湯が残っていても
すぐにドリッパーをはずします。
上に残っているコーヒーをすべて落としてしまうと余分な味や
変な苦味が増してしまいます。

サーバーに一人分、2人分の目印をつけておくとよいでしょう。


温めておいたコーヒーカップに注ぎ完成です。

コーヒー豆の姿はどこにも見えませんが
彼らは長旅の末、ここまでたどり着きました。
そんなことを考えて飲むといつも以上においしく感じられるかもしれません。


34丁目トップへ>>

自己紹介生豆の焙煎ドリップコーヒー道具エスプレッソマシンドリンク各種リンク参考図書ブログ珈琲セミナー
ラテアート|リーフ・ロゼッタフェイス・シンボルアニマルチョコレートラテアートの描き方ラテアート強化月間

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO