エスプレッソ

深入りの豆を極細に挽き、高圧で抽出したものです。
エスプレッソ=特急などの意味があり、抽出時間はおよそ20〜30秒とされています。
どこぞのシアトル系カフェで何も知らずにエスプレッソを頼んで苦い思いをしたのは私だけではないはずです。

本来イタリアではエスプレッソに砂糖を入れて飲まれています。
砂糖を入れるのと入れないのでは違う飲み物と思えるくらい別物です。
砂糖の量は好みですが、本場ナポリでは【エスプレッソ<砂糖】となり、どろどろにして飲むらしいです。

抽出したときにできるクレマ(上の泡の層)は口当たりをまろやかにしてくれ、おいしいエスプレッソを見分けるひとつのポイントになります。

抽出量は大体30ccと少量で二三口で飲み干すのが普通です。
高温多湿の日本の夏場でもこれなら気分転換の一杯になるでしょう。

・・・レシピ・・・・
コーヒー豆

・・・・・・・
エスプレッソを入れる道具には安価でイタリアの家庭にも普及しているマキネッタ(直火式)か
ややブルジョワジーなエスプレッソマシンでしょう。
                   詳しくは⇒へどうぞ。
とりあえず気軽にエスプレッソを楽しみたいと思うならまずはマキネッタを購入するのがいいでしょう。
使う豆と使い方によってはかなりおいしいエスプレッソが淹れられます。
値段も2000〜5000円と比較的お求め易くなっています。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO